今話題になっている馬油についての情報サイトです。スキンケアにもシャンプーとしてもこれから人気になりそうです。


by iba4pcq3

カテゴリ:馬油の基礎知識( 8 )

馬油で美肌を目指そう

馬油は、とくに不快なニオイやべとつきもなく、
動物の油としてはサラッとした感じです。

馬油は、若い女性や主婦の間で人気が高く、美肌作りや乾燥肌対策、
お肌のアンチエイジングケアに良い!ということで、
注目されているのをご存知でしょうか?

これまで馬油は、やけどや湿疹の塗り薬、民間薬といったイメージでしたが、
馬油に含まれているアミノ酸や馬セラミドの成分が、

お肌の美容に良いということで、馬油は化粧品のような
感覚でとらえている女性も多いようです。

馬油の成分は、お肌への密着力と浸透力が良いので、
少量つけて薄く伸ばすだけで良いので、ムダに使うこともなく、
1つ揃えておくと長持ちします。

乾燥肌やお肌のしわなどのトラブルでお悩みの方も、
馬油で美肌を目指してはいかがでしょうか。

[PR]
by iba4pcq3 | 2013-11-18 17:44 | 馬油の基礎知識

馬油の使い方

ここでは、クリームタイプ、ジェルタイプの
馬油の使い方についてご紹介したいと思います。

アトピー性皮膚炎の炎症を鎮める目的で、馬油を使用する場合は、
お肌にこすりつけるのではなく、お肌に薄く伸ばすような感じで
つけるだけで十分です。

馬油の成分をお肌により密着させて、浸透させるなら、
馬油を適量手にとり、手のひらで十分に温めておくと、
馬油の成分がお肌により浸透しやすくなります。

馬油は、1度に大量に使う必要はなく、頭皮の乾燥肌対策に使用する場合は、
あまりたくさん使ってしまうと、かえってべとつくこともあり、

頭皮の毛穴が塞がれてしまうこともありますので、
少量を薄く伸ばす程度で十分です。

髪に直接つけると、アミノ酸の成分を十分に補給することができます。
髪につけるときも、薄く軽く伸ばす程度にしておきましょう。
髪と髪を強くこすり合わせると刺激が強くなり、髪が摩擦を起こして、
ダメージを与える可能性もありますので、注意しましょう。

[PR]
by iba4pcq3 | 2013-11-18 17:43 | 馬油の基礎知識

馬油の注意点

ここでは、馬油に関する注意点について、ご紹介しましょう。
馬油は、スキンケアでは保湿クリームとして使う分にはオススメですが、
クレンジングとして使用するのは避けるべきでしょう。

馬油の成分により、メイク汚れを浮かび上がらせることはできても、
メイクの成分がさらにお肌に浸透する可能性もありますので、
メイク落としはクレンジング剤、またはクレンジング一体型の洗顔料を使いましょう。

馬油がお肌に良いといっても、製品によっては添加物が
含まれているものもあります。

馬油を購入する前に、成分表示欄を見て、どんな成分が配合されているか、
必ず確認しておく必要があります。

馬油は、1度に大量に使用するのではなく、
適量を使用するように心がけておきましょう。

[PR]
by iba4pcq3 | 2013-11-18 17:43 | 馬油の基礎知識

馬油の石けんが大人気

馬油は、ジャータイプの容器に詰められた
クリームタイプやジェルタイプのものもあれば、
馬油が配合されたシャンプーやリンス、トリートメントもあります。
最近、とくに女性たちの間で大人気なのが、馬油配合の石けんです。

馬油の成分が配合された石けんは、タオルや泡立てネットなどに適量つけて、
モコモコッと泡を立ててから皮膚につけるのがポイントです。

馬油には、良質なアミノ酸の成分が豊富に含まれており、
お肌が喜ぶ美容成分がたっぷりと含まれていますね。

乾燥肌対策にはもちろん、お肌の潤いを実感したい方に、
お肌のアンチエイジングを目指す方に馬油配合の石けんはオススメです。

泡立てネットで泡を作ると弾力性があり、モッコリとした泡で
優しく洗い上げると良いでしょう。

[PR]
by iba4pcq3 | 2013-11-18 17:42 | 馬油の基礎知識

馬油とアトピーの関係

今やアトピー、アレルギーは日本人の国民病とも言われているほどです。
皮膚科に行くと、アトピーの赤ちゃんや子どもの患者が多く、
症状によってはステロイドが処方されることもあります。

ステロイドの副作用が気になると思いますが、その点、
馬油なら自然の成分ですから、副作用を気にする必要もなくてすみます。

アトピーは、アレルギーの一種であり、顔の皮膚に症状が出ることもあれば、
背中など全身のあちこちに症状が出ることもあります。

馬油を皮膚の炎症が気になる箇所につけるだけで良いので、
誰にでも簡単にできます。

アトピーは、とくに乾燥肌の人にみられることが多く、
馬油を用いることで馬セラミドやアミノ酸の成分を皮膚の
表面から補給して、浸透させることができます。

馬油には、良質な不飽和脂肪酸が豊富に含まれているので、
お肌の乾燥を防ぐことができます。

[PR]
by iba4pcq3 | 2013-11-18 17:42 | 馬油の基礎知識

馬油の浸透力が気になる

馬油がすぐれている点をあげると、
人間の皮膚にとてもなじみやすくて、浸透力が抜群!ということです。

どんなに良い美肌成分が含まれている化粧品を使っていても、
お肌の表面だけに浸透するのではなく、お肌の内面にまで十分に
浸透しなければ意味がありません。

馬油は、オイル成分ですから、お肌につけたときの感じは、
べっとりした感じがありますが、それは決して不快なべとつき感ではなく、
皮膚の隙間に浸透してきますので、お肌の潤い感を十分に
実感していただけることでしょう。

とくに、近年は乾燥肌の女性が増えていることから、
乾燥肌の対策としても馬油を用いる人もいます。

馬油には、人工の成分が含まれていなくて、純度が高いので、
お肌にダメージを残す心配もなく、良質な油の成分ですから、
安心してお使いいただけます。

[PR]
by iba4pcq3 | 2013-11-18 17:41 | 馬油の基礎知識

馬油の安全性

馬油は自然の成分ですから、頭皮や髪、お肌につけても、
万が一、口に入れても安全無害であり、副作用はありません。

馬油には、馬セラミドと呼ばれる成分が配合されていて、
この成分がお肌の美容に良くて、お肌の角質層にまで成分を
浸透させることができます。

急にやけどをしたときに、すぐに馬油を塗っておくと、
皮膚の炎症を鎮めて、やけどによる熱を取り去ることができます。
冬の寒い時期になると、手にしもやけやあかぎれができることがあります。

馬油をハンドクリーム代わりにつけておくと、皮膚の炎症を
鎮めてくれて、しっとり・すべすべのお肌へと導いてくれます。
通常のスキンケアと同様に、馬油でハンドケアをきちんとしておきたいですね。

[PR]
by iba4pcq3 | 2013-11-18 17:41 | 馬油の基礎知識

馬油とは?

馬油は、読んで字のごとく動物の馬から抽出された油の成分のことを
指す言葉で、昔から皮膚の塗り薬として用いられてきました。

これまで馬油と言えば、自然療法や民間薬として用いられてきましたが、
アミノ酸など良質な成分が豊富に含まれているということで、
再び注目されるようになりました。
馬油は、わたしたちの日常生活においては、ヘアケア製品や
スキンケア製品に使われており、馬油は自然の成分ですから、
副作用などを気にする必要もまったくありません。

馬油の成分は、やけどや擦り傷、切り傷、ひび、あかぎれ、
痔などの皮膚の疾患に良いということで広められてきました。
皮膚の炎症を鎮める作用が期待される自然の植物にはアロエが
よく知られていますが、アロエには油分は含まれていません。

近年は、アトピーやアレルギーの赤ちゃんや子どもが増えていることから、
馬油を自然療法として用いる人が増えているようです。

[PR]
by iba4pcq3 | 2013-11-18 17:39 | 馬油の基礎知識